Tポイントを使った株式投資のやり方 1株から買える少額投資で安心

Tポイントで株取引

Tポイントを使って株式投資ができる証券会社は
SBIネオモバイル証券とSBI証券の2社です。

そして1株から株が購入できるのはネオモバ(SBIネオモバイル証券)です。

両社ともにTポイント、1ポイントを1円として利用して株が購入できます。

Tポイント使用での株式投資のやり方ですが、
株購入代金の一部として、また全額をTポイントで支払えます。
購入したい株より貯めているTポイントが多ければ、
現金持ち出し0円で買えてしまうのです。

ネオモバ(SBIネオモバイル証券)とSBI証券の取引手数料の違い

・ネオモバ

ネオモバ(SBIネオモバイル証券)でのサービス利用料金は
格安でわかりやすいシステムです。

取引の有無にかかわらず、月額0~50万円の売買では
200円(税抜き)の利用料金が毎月発生します。

ですが、ネオモバで利用料金を毎月支払うと
ネオモバで使える期間固定Tポイントが200ポイントもらえますから
実質な負担金額はたった18円の取引コストということになります。
50万円までならば、手数料を気にせず何回でも利用できます。

気に入った株があったら
貯金のつもりで数株でも、
ちょくちょく買えるわね。

 

 

※期間固定Tポイントとは有効期限と利用先が限定されているポイントを言います。
指定された「Tポイント提携先」に限りポイントの利用が可能です。

しばらく株を売り買いしない時は、利用一時停止の申請もできますから
気楽に株取引サービスを利用できます。

取引金額に応じた利用料金の月額(税抜き)料金は次の通りです。

0~50万円以下は200円、300万円以下は1000円、
500万円以下は3000円、1000万円以下は5000円です。
また、1000万円以上は100万円ごとに1000円が加算されます。

・SBI証券

SBI証券の売買手数料は、1日の約定代金合計額に応じて手数料が決まる
アクティブプランの場合でしたら10万円以下の手数料は0円です。
ですが50万円までなら429円(税抜き)かかりますし、
ネオモバとは異なり、S株限定でのみ1株単位で購入できるシステムを取っています。

初心者が操作しやすいネオモバのスマホ画面

株の初心者にとっては取引での画面の情報量が多すぎると、
どう判断してよいのか迷ってしまい、思ったように購入できないとなりがちです。

ネオモバのスマホ取引画面は
わかりやすく使いやすい情報表示です。

初心者にはチンプンカンプン、
難解で煩雑なローソク足や出来高が取り払われて、
わかりやすい折れ線グラフで表示されます。

チャートの比較をタップすると日経平均と比較して
株価がどのように動いたかという情報がひとめでわかります。

シンプルな取引画面で
初心者もわかりやすいんだ、

やってみようかな。

初心者でTポイントが余っているから有効活用して
株式投資を始めてみたいという方には
1株から購入出来て取引画面がわかりやすい、ネオモバが断然おすすめです。

500円以下でも買える、よく知っている会社の株が沢山あります。
自分のペースで少しずつ株の理解を深めていきながら
誰でも気軽に株式投資で株を少しずつ買えてしまいます♪

ネオモバ公式サイトはこちら↓

名刺交換デザイン

 

断然お得なTポイントの使い方の総合ページへ>>

 

コメント