三国志3 漢室の風雲  芙蓉妃との再会を喜ぶ劉備

横山光輝の三国志 前回までのあらすじは

初陣で勝利して喜ぶ劉備ら義勇軍。

戦いに立ち向かう劉備の冷静な状況分析、作戦には
目を見張るものがあります。

その後の何度かの戦いで圧倒的な力を発揮して勝利しても
正規軍ではないという理由でまっとうに評価されることはありません。

 

▶横山光輝のマンガ三国志を電子書籍で試し読みできます

 

 

十常侍 腐敗が横行する宮中

曲陽で陣取っていた黄巾賊の総大将、張角は病死、
その弟の張梁を筆頭に黄巾賊は全て官軍によって殲滅されてしまいます。

劉備ら義勇軍の活躍を、朱儁将軍は自分の手柄として都に報告、
黄巾賊との闘いはそれを最後に終結しました。

戦地から董卓、皇甫嵩、朱儁、曹操将軍らが
引き上げて都に戻ってきたのです。

官軍ではない劉備ら義勇軍は中に入れてもらえず、
城外で待たされ続けました。

待てど暮らせど
正当に評価されない劉備ら義勇軍。

不本意にも帝から安喜健の警察署長に任命された劉備は
今まで一緒に戦ってきた仲間を養うことができず義勇軍を解散するのです。

感想

いつの時代も権力は横行するのですね。
国を思う熱い志を持って戦っていた義勇軍ですが
正規軍ではないという官僚主義、形式的なところで排除されてしまいます。

納得がいかない僻地の警察署長に任命されても
異論を唱えることはむろんできず、ただ従うしか道はありません。

明晰な頭脳、圧倒的な力があっても認められることはまれで
その上に情勢や運を見方につけるものが道を開くことが可能なのです。

勅使 警察署長の職を投げ捨てて

帝の使者、督郵が警察署長をしている劉備のもとへやってきて
当然のように賄賂を要求します。
劉備の態度が気にくわない督郵は罪をでっちあげます。

我慢の限界に達した張飛は督郵のもとへ乗り込んで
縛り上げ木に吊るして制裁を加えます。

そこへ駆けつけた劉備、関羽は初心に立ち戻り、警察署長の職を投げ捨てて
この地を去るのです。

感想

ずっと我慢をし続けてきた劉備ら3人。
張飛の怒りは極限に達して爆発してしまいます。

警察署長としてまっとうに仕事をこなし
民からの信頼が厚い劉備に対して力にものをいわせて
濡れ衣を着せ劉備ら3人を絶望のどん底に突き落とします。

徹底的に国を司る上部が腐敗し人民が苦しめられ
地獄の様相をくぐり抜けないと次の時代への明かりは見えてこない、
なんとも切ないです。

放浪の旅 芙蓉妃との再会、母との再度の別れ

3人は張飛の知り合いの大金持ち、劉かいのもとへ身を隠します。
そこにはかつて劉備が救った芙蓉妃が身を寄せていました。
お互いに再会を喜び合う劉備と芙蓉妃です。
ふたりが夜、ひとめを避けて会っている様子をみた関羽は
恋に現を抜かしている場合ではないと張飛にぐちを言うのです。

しかし、決して劉備は
自らの使命を忘れたわけではありませんでした。

定州の太守が巡遊に来ることが決まり、その場に居続けることができなくなって
劉備ら3人はまた放浪の旅へと向かいます。

一度3人は別行動をすることを提案する劉備です。
再会を涼秋の8月、五台山と決めて分かれます。

母の元へ戻った劉備は、大事を成し遂げるまでは帰って来るなと
すげなく追い出されます。
劉備が目にした母はすっかり年老いていました。

しかしわざと冷たい接し方をせざるをえない気丈夫な母。
馬で去っていく劉備の様子に泣き崩れるのでした。

感想

久々に母に会い行き、喜んでもらえるとばかり思っていた劉備。
劉備の母は愛する息子と再会しても喜びを顔に出す人ではありませんでした。
一番大切なことは劉備が使命を全うすることで、死んでいった一族の無念さを想い
劉備に自分の役割を忘れてはいけないと強く促すのです。

劉備の母のふるまい、なかなかできることではありませんね。
母との場面、読み手にずしりと重く響きます。

乱兆 操り人形の死

黄巾賊の反乱以後、都の十常侍の悪政はひどさを増し、
帝は女と酒に溺れる日々を送っていました。

十常侍に上手くそそのかされて不摂生が続き
体調を崩した帝はあっけなく死んでしまいました。

大将軍の何進は、妹が帝の后となり肉屋から成りあがった男で、
実質的な権力者の十常侍に命を狙われていることを知ります。

何進将軍の死

后の妹にふたたび呼び出され、部下の引き留めにも関わらず
宮中に入った何進は、待ち受けていた十常侍の手下に取り囲まれ
謀反の罪により弓矢を放たれて殺されます。

感想

肉屋から成りあがった何進将軍は冷静な状況判断ができず
状に流されて妹の皇后に会いに、のこのこ出かけていきます。

上に立つ人間が凡人だった場合、それを自覚して
周囲に自分をフォローする優秀な従者を取り入れていたら
状況は変わったかもしれません。

そこまで頭が回らないとなれば
今回のような結果になってしまうのです。

 

▶横山光輝のマンガ三国志を電子書籍で試し読みできます