君、シヲレルコト勿レのネタバレ

榮屋シュロ作 君、シヲレルコト勿レ のネタバレです。

繊細なタッチと独特な雰囲気を顔もし出しているこの作品は
榮屋シュロのお初なのでしょうか。

▶販売中の 君、シヲレルコト勿レの一覧

第1話を読む限りは間口広く、BL愛好者だけでなく
古民家、変わり者の薫、盆栽などのゆるい雰囲気が好きな
漫画愛好家女子の心に突き刺さりそう。

薫は両親ではなく、祖父母と一緒にくらしていた
というあたりも訳ありを感じさせますね。

枯れてしまったと思われる山茶花の盆栽を
大切に水やり、日光にあて外の空気にふれさせている薫。

イケメンの薫に、彼女もいないというあたりも意味深です。

 

ではただいま無料で読める
榮屋シュロの君、シヲレルコト勿レ のネタバレを書いていきます。

君、シヲレルコト勿レ あらすじ

植物を活けるセンスはないけれど
生かすことが得意と考えている吉良薫28歳。

彼は祖父母から受け継いだ古民家で盆栽屋を営んでいます。
ちょっとした手土産を持ち、お茶しに近所のお年寄りが時々やってくる日々。

吉良薫は熱心な盆栽ファンや
フラワーアーティストに鮮度のよい植物を届けてなりわいにしています。
彼には趣味はなく、恋人もいない、そして家族も。

ある日、黒ぶちメガネをかけ黒のワイシャツ、派手なスーツを着込んだ美形の男が
やってきて山茶花の盆栽をじーっと見ています。
それは非売品の、花も葉もついていない丸坊主の山茶花でした。
次の日も、その次の日も男はやってきて、しゃがみ込んで見入っています。

お茶しに来た近所のおばちゃんは、
今日はこないのかしらイケメンスーツの彼、ホストかしら?
と薫に話しかけます。

そろそろ暗くなってきたら盆栽を取り込もうとした薫に
はちまきをして汚れたTシャツ姿、労働者風の男が突然話しかけます。

あの盆栽は咲かないのですか?と。
薫が多分もう、死んで…と言いかけた時
男はからだを傾けて倒れこみます。

薫の脳裏におばあちゃんが倒れた時の様子が浮かび重なります。
医者に連絡して男をベッドに運び込む薫。
気がついた男は点滴されていて薫が自分の脈を計っていることに気づきます。
ひどい低血圧で過労と医師の診断を男に伝えます。
薫に男は、おれ橘季一といいますと名乗ります。
起き上がった季一は
薫がいる古民家の居間にやってきて椅子に座り込み話しかけます。

薫の古民家をステキなお家と感想を述べる季一、
そしてあの盆栽はもう枯れているのかと再び尋ねます。

はい、おそらく、葉も花もつけませんと応じる薫
それなのに毎日毎日薫は山茶花の手入れを欠かさない。

突然、季一のお腹の虫がぎゅるるる…となりだします。
薫はありあわせですがと手早く食事の用意をして
季一の前に差し出します。

手を合わせていただきます、と挨拶して食べ始める季一。
うんまいっ と初物のさんまを薫と向かい合わせでたべる季一。

薫は人とテーブルを囲むのは何年ぶりだろうを記憶をさぐっています。
いつも眺めていた古民家の外もいいけれど、中もいいとほめる季一。
季一は空間デザインをやってますと自己紹介をします。
近くにあるカフェが今、現場で…と話しています。

いつか買おうと思って盆栽を見ていたことを告白します。
自分では枯らしてしまいそうで、だけど山茶花が気になって…と
話す季一の横顔をじっと見ていた薫はようやく気付きます

あのスーツメガネ!
ポケットから黒ぶちメガネを取り出してかける季一。

ホストじゃなかったのか…
…え?

薫は思うのです。
それがとんでもない未来を運んでくるなんて
想像できるわけもない…
想像できてたまるか、あんなもん

▶販売中の 君、シヲレルコト勿レの一覧

どうやらとんでもない話の展開が待っているようです笑

出だしはゆっくりした雰囲気、だけどハイテンポ調子に変わってしまうという意味なのか
ふたりの関係がもつれにもつれて
とんでもないできごとに巻き込まれてしまうという意味なのか…

きっと後者でしょうね、BL作品ですから。

物語の重要な盆栽、山茶花の花について

椿の花は知ってるけれど、山茶花は知らない方も多いのではないでしょうか。
椿と同様に、山茶花はツバキ科ツバキ属の常緑広葉樹、日本原産の樹木です。
ツバキとサザンカ、ぱっと見た感じは確かに似ています。

ツバキとサザンカ、その違いの見分け方は

・花が咲く時期
山茶花は秋、10月頃から開花、
一方の椿は冬、12月から4月にかけて開花。

・葉の形
両者似ていますが、山茶花のほうが小ぶりです。

・花の咲き方と散り方
山茶花は平らに開いて咲き、椿はカップ状に閉じた状態で咲きます。
山茶花と椿を見分ける上で、一番わかりやすいです。
そして山茶花は花びらがばらばらに落ちて散り、椿はぽとりと花まるごと落として散ります。

山茶花の花言葉

山茶花の花言葉はとても面白いですよ。
というのは花の色によって花言葉の意味が全く違います。

サザンカ全般の花言葉は
困難に打ち克つ、ひたむきさですが

赤い山茶花の花言葉は、あなたが最も美しい
白い山茶花の花言葉は、あなたは私の愛を退ける
ピンクの山茶花の花言葉は、永遠の愛

薫が大切に育てている山茶花は果たしてどの色の花を咲かせるのでしょうか?
白い花か、ピンクの花か…
きっとすぐに花は咲かないのでは、花の色で物語の結末がわかったりして…

▶無料で立ち読みできます

 

君、シヲレルコト勿レ

君、シヲレルコト勿レ ネタバレと感想

君、シヲレルコト勿レのネタバレと感想をご紹介します。古民家で暮らす吉良はある日、玄関外においてある枯れた山茶花の盆栽に見入っている男に気づきます。次の日もその次の日もやってくるその男は派手なスーツ姿に黒ぶち眼鏡をかけたホストの様ないでたちでした。そして…