黒胡椒と白胡椒、使うのはミックス胡椒

ピリッとした辛みと香りが料理を引き立てる胡椒。

くせのある何やら使い方のわからないスパイスやハーブに及び腰でも
胡椒はどこの家にも必ずあるスパイスですね。

胡椒には黒胡椒と白胡椒があり、辛みが強い黒胡椒がよく使われています。
胡椒の実は未熟なうちは緑色をしていて、黒コショウは緑色の熟す前の実を収穫、
黒くなるまで乾燥させたものです。
緑色の実はやがて赤く熟します。その赤い実から果肉を取り除いて中の種を取り出し
乾燥させたのが白胡椒です。
おだやかな優しい香り、辛みもきつくなくマイルドです。
私が胡椒よ、と自己主張しない。料理素材にそっと寄り添って引き立てるという感じでしょうか。

たまにYouTubeで有名シェフの料理作りを見ています。
彼の口癖は肉には黒胡椒、魚には白胡椒と、
胡椒を使う場面で毎回必ず伝えてくれます。
なるほど、確かにそうなんだろうけれど… と私は思うのです。

黒コショウはもちろん常備しています
ですが私がひんぱんに使うのはミックス胡椒です。
黒、白、グリーンとピンクペッパーがブレンドされてて華やかな感じです。
香りと味が複雑なミックス胡椒を少し荒めでふりかけ使ってます。
けれど価格的には安い、とは言えないですから
たくさん使うかたまり肉の料理の時は黒胡椒に登場してもらいます。
心地よい香りと辛みがある黒胡椒は肉の臭みを消し美味しくしてくれます。

ちなみに「こしょう」と書かれてパウダー状になっているものは
黒胡椒と白胡椒をブレンドしたものです。
細かくてどんな料理にもなじむ「こしょう」には安心感がありますね。